誰でもできるもの?

「タロット占いって絵柄もたくさんあって覚えきれないし、組み合わせによって内容も変わるし、第一なんだか怖いから自分ではできないような気がする」と思っている人は多いようですね。
しかし、タロットカードはとても単純なもので、簡単に運勢を占うことができます。
何か起こりそうと思うのはあなたの運命だけ。
タロットカード自体が厄災を呼ぶということはありません。
タロットはただあなたの望む運勢を占ってくれているだけなのです。


タロットでどうやって占うの?

基本的にタロットカードは78枚のカードで構成されていますが、最近ではすべてのカードを使うのではなく、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使用して占いをするという方法がポピュラーになっています。
多くのタロット占いではこの方法を取り入れていますし、個人で行う場合もその方が簡単だからと、最初からこの22枚だけをまとめて販売しているというパターンも多くなっています。
占い方法と言うのは、カードをシャッフルして、任意のカードを選び、その並びや方向、絵柄などで総合的な判断を下すというものです。
カードにはそれぞれ役割と特性があります。
絵柄が逆であれば、特性の逆を見る、などのチョイスも必要となります。

タロットカードの占いとは

タロットカードは漠然とした占いには不向きです。
たとえば、手相のように「どのくらいで結婚する」や、「将来は明るいか暗いか」などの大雑把な内容になるとなかなかちゃんとした結果を得ることができませんが、個人的に悩んでいる恋愛事情などを占うとてきめんに効果が表れると言われ、人気が高くなるのです。